利用できるカウンターのサンプル集
  ●初期設定
 

<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?df=x.dat”>の?の後に続く記述がそれぞれのオプションで、これを使いこなす事によっていろんなスタイルが楽しめます。

しかしカウンターの場合dataファイルの指定を
df=x.dat (xはお客様のアカウント名)などと必ずしなければなりません。

df= とはdata fileの略でCounter/dataディレクトリにあるdataファイルを呼び出すオプションです。

初期設定
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?df=x.dat”>

サ_カウンター01 - コピー

初期設定(オプションを他に付けていない場合)ではフレームカラーは青色でフレームの幅6ピクセル、文字スタイルはAタイプ、桁数は6桁となっております。

  ●フレームのアレンジ
  それでは次に赤色15ピクセルのフレームにしてみましょう。

フレームピクセル「15」  ft=15   フレームカラー「赤」 frgb=red
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?
ft=15&frgb=red&df=x.dat”>

 サ_カウンター02 - コピー

この例でお分かりのようにft=で指定した数字がフレームのピクセルサイズ、frgb=で指定している文字がフレームの色です。

各オプションを区切っているのは「&(アンド)」です。
(区切りは「|(縦バー)」でも同じ結果となります。)

count.cfgファイルでrgb.txtを使用しないとなっている場合はRGBのを「;(セミコロン)」で0~255で3つに区切った形式と6桁の16進数で表記するhex形式のいずれかでfrgb=を指定します。
下の例では黒色5ピクセル(ft=5)RGBコードで表記しています。

rgb.txt使用の場合 frgb=black
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?
ft=5&frgb=black&df=x.dat”>

 サ_カウンター03

 

RGBを数字で表記する場合 frgb=0;0;0
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?ft=5&frgb=0;0;0&df=x.dat”>

サ_カウンター04

 

 

RGBを16進数で表記する場合 frgb=000000
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?ft=5&frgb=000000&df=x.dat”>

 サ_カウンター05

 

フレームを消してみます。

 

フレーム無し ft=0
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?ft=0&df=x.dat”>

 サ_カウンター06

  ●カウンター文字スタイル
  それでは初期設定でインストールされている5種類のカウンターの文字デザインを見てみましょう。

 

Aタイプ dd=A
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?df=x.dat&dd=A”>

 サ_カウンター07

 

Bタイプ dd=B
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?df=x.dat&dd=B”>

 サ_カウンター08

 

Cタイプ dd=C
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?df=x.dat&dd=C”>

 サ_カウンター09

 

Dタイプ dd=D
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?df=x.dat&dd=D”>

 サ_カウンター10

Eタイプ dd=E

 サ_カウンター11

 

Aスタイル文字一覧

サ_カウンター12

 

Bスタイル文字一覧

サ_カウンター13

 

Cスタイル文字一覧

サ_カウンター14

 

Dスタイル文字一覧

サ_カウンター15

 

Eスタイル文字一覧

 サ_カウンター16

  ●コンマで区切る
  3桁づつをコンマで区切る場合にはcomma=Tオプションを加えます。

 

コンマで区切る comma=T
<img src=”http://www.tvk.co.jp/scripts/count.exe?df=x.dat&comma=T”>

 サ_カウンター17

 

  ●回転させる
  回転させるにはdegrees=で90度単位で数字を指定します。

 

270度回転 rotate=Y もしくは degrees=270
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?rotate=Y&df=x.dat”>

 

<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?degrees=270&df=x.dat”>と同じです。

サ_カウンター18

 

 

 

 

 

180度回転 degrees=180
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?degrees=180&df=x.dat”>
 

サ_カウンター19

 

 

90度回転 degrees=90
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?degrees=90&df=x.dat”>

 サ_カウンター20

 

  ●カウンター文字色を変える
  カウンターの文字色を変更するにはsrgb=で元々の文字の色を指定prgb=で変更後の色を指定します。

 

緑色を赤色に(rgb.txt使用) srgb=green&prgb=red
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?
df=x.dat&srgb=green&prgb=red”>

 サ_カウンター21

 

緑色を紫色に(16進数) srgb=00ff00&prgb=ff00ff
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?
df=x.dat&srgb=00ff00&prgb=ff00ff”>

 サ_カウンター22

 

  ●文字盤の中を反転色にする
  文字盤の中を反転させるにはnegate=Tオプションを付け加える。

 

文字盤色反転 negate=T
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?negate=T&df=x.dat”>

 サ_カウンター23

 

  ●文字盤の中を透過させる
  文字盤の中を透過させるにはtr=Tオプションを加え、続いて透過させたい色をtrgb=で指定します。

 

文字盤の黒色を透過させる tr=T&trgb=black
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?
df=x.dat&tr=T&trgb=black”>

 サ_カウンター24

 

文字色の緑色を透過させる tr=T&trgb=00ff00
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?
df=x.dat&tr=T&trgb=00ff00″>

 サ_カウンター25

  ●カウンターを消す
  カウンターを表示したくない場合はsh=0とオプションを加えます。

 

カウンターを消す sh=0

 

     (↑この上にカウンターがある))

  ●カウンターのモニター
  いろんなページで複数のカウンターを設置している場合やカウンターを消している場合にincr=Fを付け加え、各dataファイルを指定する。

(モニター表示するときにはカウントされない)

カウンターを消すのモニター incr=F&df=z.dat
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?incr=F&df=z.dat”>

 サ_カウンター26

 

  ●カウンター桁数のアレンジ
  カウンターの桁数を増減させるにはmd=に続く数字を付加する。
またpad=0を指定すると表示している桁数に自動的に調整できる。

 

10桁表示 md=10
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?md=10&df=x.dat”>

 サ_カウンター27

 

桁数を自動調整 pad=0
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?pad=0&df=x.dat”>

 サ_カウンター28

 

  ●カウンター文字を任意の数字にする
   カウンター文字を任意の数字表示させるときはlit=に0123456789,;-apを組み合わせる。

lit=a1,456-:7p
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?lit=a1,456-:7p”>

サ_カウンター29

  ●時計年月日表示
  時計表示にするにはdisplay=clockオプションを加える初期設定ではホストサーバーのローカル時間

display=clock
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?display=clock”>

サ_カウンター30

 

 

24時間表示の場合
display=clock&tformat=24
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?display=clock&tformat=24″>

 サ_カウンター31

 

年月日表示の初期設定
display=date
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?display=date”>

 サ_カウンター32

 

年月日の日本式表示(YY:年 MM:月 DD日)
display=date&dformat=YYMMDD
<img src=”http://www.sensyu.ne.jp/scripts/count.exe?display=date&dformat=YYMMDD”>

 サ_カウンター33

 

 

                            各種設定マニュアル表紙に戻る