降雨障害について

テレビ岸和田で放送しているBS放送は、 放送衛星(BS)を経由して、

大型パラボラアンテナで受信し、お客様のご家庭へ放送されています。

 

このため発信地(おもに関東近県)、及び受信地(岸和田市)のいずれかの地域で

雨や雪が強く降りますと「降雨障害」が発生することがあります。

 

降雨障害とは?

 

降雨障害とは、衛星からの電波の一部が雨粒によって吸収・反射されて、電波が減衰し、映像が乱れたり一時中断してしまう症状です(降雨減衰)。

通常の雨ではほとんど影響はありませんが、雷雨や集中豪雨などの場合は受信不良となることがあります。

 

衛星からテレビ岸和田の受信設備の間や、番組提供会社の送信設備から衛星の間で、雷雨や集中豪雨が発生すると、画面に横線が入ったり、四角いモザイクのようなものが出てきたり、雨が強くなるにつれ、画像が動かなくなったりすることがあります(音声も途切れたり、まったく聞こえなくなってしまうことがあります)。

 

 

発信地に雨や雪が強く降りますと、岸和田が晴れていても降雨障害が発生します。

いずれの場合も雨脚の非常に強い間の現象のため、雨脚が弱くなるなど、

天候が回復すれば自然に復旧いたします。

 

お客さまにはご迷惑をおかけする場合がありますが、

ご理解頂きますようよろしくお願いいたします。

 

※CS放送は、衛星を使わない方式に変わりましたので降雨障害が解消されました。

 

営_TV_降雨障害