システムボリュームの情報フォルダまたはシステム復元フォルダを駆除するにはどうすれば良いですか?

コンピュータがウイルスに感染すると、ウイルスがシステムの復元フォルダにバックアップされる可能性があります。

システムの復元は、Windows の機能です。

 

システム復元フォルダをスキャン/駆除するには、システム復元フォルダ をまず無効にする必要があります。

システ ムの復元を無効にすると、最新のシステム復元ポイントが失われますが、感染を取り除くにはシステムの復元機能を無効にするしかありません。

感染を取り除い た後、システムの復元機能をもう一度有効にしてください。

Windows 8 でシステムの復元(システムの保護)を無効にするには

  1.デスクトップ画面の右上隅にマウスポインターを合わせて(タッチパネルの場合は画面の右端からスワイプして)、表示されたチャームから[設定]をクリックします。
    2.[設定] チャームが表示されるので、[PC情報]をクリックします。
    3.[システム]画面が表示されるので、画面左側の[システムの詳細設定]をクリックします。
    4.[システムのプロパティ]画面が表示されるので、[システムの保護]タブをクリックし、[保護設定]欄からシステムの復元を無効にしたいドライブを選択して、[構成]をクリックします。
    5.[システム保護対象]画面が表示されるので、[システムの保護を無効にする]にチェックをつけて、[OK]をクリックします。
    6.「このドライブに対するシステムの保護を無効にしますか?」と表示されるので、[はい]をクリックします。
    7.[システムのプロパティ]画面に戻るので、[OK]をクリックします。
    8.パソコンセキュリティサービスを使用しすべてのハードディスクとファイルにウイルススキャンを実行します。

 

スキャンが完了したら、Windows 8 のシステムの復元(システム保護)を有効にします。

 

    1.デスクトップ画面の右上隅にマウスポインターを合わせて(タッチパネルの場合は画面の右端からスワイプして)、表示されたチャームから[設定]をクリックします。
    2.[設定] チャームが表示されるので、[PC情報]をクリックします。
    3.[システム]画面が表示されるので、画面左側の[システムの詳細設定]をクリックします。
    4.[システムのプロパティ]画面が表示されるので、[システムの保護]タブをクリックし、[保護設定]欄からシステムの復元を有効にしたいドライブを選択して、[構成]をクリックします。
    5.[システム保護対象]画面が表示されるので、[システムの保護を有効にする]にチェックをつけて、[OK]をクリックします。
    6.[システムのプロパティ]画面に戻るので、[OK]をクリックします。

 

 

Windows 7 でシステムの復元を無効にするには

  1.開いているプログラムをすべて閉じます。
    2.[コンピュータ] を右クリックして [プロパティ] を選択します。「コンピュータの基本的な情報の表示」ウィンドウが開きます。
    3.[システム保護] をクリックします。「システムのプロパティ」ウィンドウが開きます。
    4.「システムの保護」タブをクリックします。
    5.[構成] をクリックします。
    6.[システムの保護を無効にする] を選択します。
    7.[適用] をクリックします。
    8.確認されたら、[はい] をクリックします。
    9.[OK] をクリックします。
    10.パソコンセキュリティサービスを使用しすべてのハードディスクとファイルにウイルス スキャンを実行します。

 

スキャンが完了したら、Windows 7 のシステム保護機能を有効にします。

 

    1. 開いているプログラムをすべて閉じます。
    2.[マイ コンピュータ] を右クリックして [プロパティ] を選択します。「コンピュータの基本的な情報の表示」ウィンドウが開きます。
    3.[システムの保護] をクリックします。
    4.「システムの保護」タブをクリックします。
    5.[構成] をクリックします。
    6.[システム設定とファイルの以前のバージョンを復元する] を選択します。
    7.[適用] をクリックします。
    8.[OK] をクリックします。

 

Windows Vista でシステムの復元を無効にするには

  1.開いているプログラムをすべて閉じます。
    2.[スタート] をクリックします。
    3.[すべてのプログラム] -> [メンテナンス] の順に選択します。
    4.[メンテナンス] -> [バックアップと復元センター] の順に選択します。
    5.[復元ポイントの作成または設定の変更] をクリックします。確認された場合、[続行] をクリックします。
    6.「利用できるディスク」で、各ドライブのチェックボックスをオフにします。
    7.[適用] をクリックします。
    8.確認のウィンドウが表示されたら、[システムの復元を無効にする] をクリックします。
    9.[OK] をクリックします。
    10.コンピュータを再起動します。
    11.パソコンセキュリティサービスを使用しすべてのハードディスクとファイルにウイルス スキャンを実行します。

 

スキャンが完了したら、Windows Vistaのシステム保護機能を有効にします。

 

    1.開いているプログラムをすべて閉じます。
    2.[スタート] をクリックします。
    3.[すべてのプログラム] -> [メンテナンス] の順に選択します。
    4.[メンテナンス] -> [バックアップと復元センター] の順に選択します。
    5.[復元ポイントの作成または設定の変更] をクリックします。確認された場合、[続行] をクリックします。
    6.「利用できるディスク」で、各ドライブのチェックボックスをオフにします。
    7.[適用] をクリックします。
    8.確認のウィンドウが表示されたら、[システムの復元を有効にする] をクリックします。
    9.[OK] をクリックします。

 

Windows XP でシステムの復元を無効にするには

    1.開いているプログラムをすべて閉じます。
    2.[マイ コンピュータ] を右クリックして [プロパティ] を選択します。「システムのプロパティ」ウィンドウが開きます。
    3.「システムの復元」タブをクリックします。
    4.[システムの復元を無効にする] のチェックボックスをオンにします。
    5.[適用] をクリックします。
    6.確認のウィンドウが表示されたら、[はい] をクリックします。
    7.[OK] をクリックします。
    8.パソコンセキュリティサービスを使用しすべてのハードディスクとファイルにウイルス スキャンを実行します。

 

スキャンが完了したら、Windows XP のシステム保護機能を有効にします。

 

    1.開いているプログラムをすべて閉じます。
    2.[マイ コンピュータ] を右クリックして [プロパティ] を選択します。「システムのプロパティ」ウィンドウが開きます。
    3.「システムの復元」タブをクリックします。
    4.[システムの復元を無効にする] のチェックボックスをオフにします。
    5.[適用] をクリックしてから [OK] をクリックします。